カテゴリ:モンスターページ > 星5

★★★★★
ミコクロマドー
ミコクロ

2022年5月の「世界樹の冒険コンビガチャ」にて限定モンスターとして登場。
gアストラルデュオ



2周年限定ガチャにて、ミーナ&サンダードラゴンと同時に発表されたデュオモンスター。


ミコ&クロマドーの特徴は超強力なアクティブスキル。敵5体に対して180%攻撃が行えるもので、星5としてはリヴァイアサンニーズヘッグに迫る強力な全体攻撃。


自身の攻撃力も高めで、不利属性の居ない闇属性であることから、敵のHPがフルの状態であっても、アクティブスキル攻撃1発での敵全滅も設計できる。



パッシブスキルは、味方3体の魔法攻撃力を15%上昇させられる。攻撃力を15%以上上昇できるモンスターは、ガロジンボベリアル鉄拳娘マオ虎王ドラザーンなど一部モンスターしか居ないものでレア。

パッシブスキルのバフは前列から付与される為、アリーナ第二陣以降で、アクティブスキル攻撃に期待する前列モンスターに対し15%上昇できる価値は大きい。

一方で、アリーナ第一陣で使用する場合は、前列3体だけへの15%上昇よりも、ノルンゲンゴウのような味方5体への12%上昇が好まれることは多いだろう。



攻撃力を上昇させるパッシブスキルや、高い攻撃力から、アリーナ第一陣での活躍は期待できるが、第一陣ではアクティブスキルは活かしづらい。

強烈なアクティブスキルと速めのスピードから、適正グラフではアリーナ第二陣・第三陣の適正が強く出ており、初級~中級者はアリーナ第二陣以降での活躍が期待できるが、スピード上昇パッシブスキルが無いことで、上級者になると利用しづらくなるところは悩ましい。



とは言え、CT4発動モンスターとしてはスピードはかなり速い部類である為、アリーナ第二陣に配置させ、CT3で第一陣を終えたのちのCT4スキル合戦では活躍が期待できる。また、カークのCT4スピード上昇スキルなどでミコ&クロマドーのスピードを高めた後のCT5で全体スキル攻撃を発動させるなど設計ができると面白い。

★★★★★
ミーナサンドラ
ミーナサン

2022年5月の「世界樹の冒険コンビガチャ」にて限定モンスターとして登場。
gアストラルデュオ


2周年限定ガチャで登場したアリーナ第一陣適正が半端なく高いモンスター



星5トップクラスの攻撃力を持ちつつ、CT3アクティブスキル発動ができ、パッシブスキルでは味方4体への根性付与も行える。目新しい機能や、過去最高の能力値を備えたわけではないが、贅沢要素を詰め込んだ物理攻撃モンスター。



攻撃力は物理モンスターとしてサタンに次ぐ2番手クラスに強く、物理攻撃力の高い個体ではレベル90時点で340を超えるものもいる。

アタッカーとしては耐久性も高めで、攻撃力と耐久性の両面を考慮した「攻守値」(スプレッドシート参照)では現状第4位。(1位 憤怒のジン、2位 ガロ、3位 ジャック


CT3発動が可能なアクティブスキル攻撃は、敵2体に200%攻撃と特段強いスキルではないが、自身の高い攻撃力からほぼ2体を仕留められるもの。このCT3スキルもガロや憤怒のジンと同等レベル。
(スピードの遅いミーナ&サンダードラゴンから放たれる状態異常攻撃スキルや防御力減少デバフ攻撃にはそれほど価値は無さそう。)


パッシブスキルで味方の攻撃力を上昇させられる点もガロや憤怒のジンと同じで、ミーナ&サンダードラゴンは味方4体の物理攻撃力を12%上昇できる。(ガロは味方5体に18%上昇、憤怒のジンは味方5体に12%上昇とこの点ではやや劣るが。)


ここまで、レアモンの中でも高額で取引される人気モンスターのガロや、アリーナ第一陣適正が星5トップクラスに高い魔法モンスターの憤怒のジンにも迫る総合力を持っているが、ミーナ&サンダードラゴンはさらにパッシブスキルでの味方4体への根性付与を持つ。これはえぐい。根性持ちレアモンのゲンブアメノウズメの価値は相対的に下がることになった。


CT3でスキル発動できるとは言え、ミーナ&サンダードラゴンのスピードはかなり遅めであることから、敵として交わる際は、少しでも早くCT3スキル発動ができるモンスターで対抗したい。

★★★★★
ティタゴーレム
ティタゴレム

2022年4月の「世界樹の冒険コンビガチャ」にて限定モンスターとして登場。
2周年限定ガチャ1


エグリプト2周年の目玉モンスターとして登場。

強力なスピードアタッカーである「アリス&ヒートスライム」に対し、「ティターニア&ゴレム」は強力な壁。

耐久性だけでなく、壁としては攻撃力が比較的高く、CT3で発動できるアクティブスキルも効果的であり、総合力が高い点がティターニア&ゴーレムの特徴。


パッシブスキルは、味方5体の物理防御力を15%上昇、魔法防御力を12%上昇できるもので、現在、壁として最高の上昇数
最近ではレアモンの「ワタツミ」が星5での過去最高の防御上昇率15%を記録したが、味方4体を対象としていた「ワタツミ」に対し、ティターニア&ゴレムは味方5体が対象となっている。



アクティブスキルは、220%倍率攻撃を、前列と後列1体ずつに行えるもの。自身の攻撃力はそこまで高くは無いが、220%という高い倍率により、HPがフル状態の敵であっても、1撃で仕留められるケースも出てくるだろう。


補助スキルの毒攻撃は、敵2体だけでなく、味方2体にも高確率で付与されてしまう。最近は「根性」を付加価値として戦うことが多い為、味方への毒攻撃が命取りになるケースもあるので注意が必要。



ステータスは、同じく攻撃が期待できる壁「ドラザーン」に近い。ティターニア&ゴレムは防御力が高めの為、耐久性はドラザーン比で微増、攻撃力・スピードはドラザーン比で微減。


壁に特化したキャラにしてはHPがそこまで高くない点で、ステータス評価はB+にとどまったが、パッシブスキルを含めた壁適正(tanker ability)はとても高い。

★★★★★
アリスヒート
アリススライム

2022年4月の「世界樹の冒険コンビガチャ」にて限定モンスターとして登場。
2周年限定ガチャ1


エグリプト2周年の目玉モンスターとして登場。

強力な壁である「ティターニア&ゴレム」に対し、「アリス&ヒートスライム」は強力なスピードアタッカー。


とにかく早い。自身のスピードはガチャモントップクラス。

強力なスピードアタッカーである、アスカ十二神コトラルルゼンなどと比べると攻撃力がやや低めではあるが、その分、アクティブスキル倍率は220%と高めで、スキル攻撃では多くの敵を1撃で仕留められるだろう。


アクティブスキル攻撃の対象数は2-4体とレンジが広いギャンブル系。4体にリーチできればかなり強力なスキル攻撃となるが、勝利設計がしづらい点はマイナス。


パッシブスキルは味方5体の攻撃力を12%上昇させられるだけでなく、自身のスピードも12%上昇できるもの。


自身のスピードの速さや、攻撃力はそこまで高くない点、アクティブスキルが強い点から、多くのユーザーにはアリーナ第二陣以降での配置が適任となる。

十二神コトラなどのパッシブスキルと比べてしまうと、2周年記念キャラとして味方数体のスピード上昇まで期待したかったところではあるが、自身のスピード12%上昇により、とにかく「アリス&ヒートスライム」だけは誰よりも早くアクティブスキル攻撃を打つというパーティ設計はできるだろう。

★★★★★
ゼペット2
ゼペット02

2022年4月のエイプリルフールガチャで限定ガチャモンスターとして登場。
gエイプリル2022


耐久性が高く、CT3攻撃も期待できる壁。

また、壁としてはめずらしい水属性。これまで水属性では、ワタツミジャックくらいしか壁として機能できるモンスターはいなかった。

魔法防御力はねこむすめ級に高く、HPや物理防御力も高めで耐久性は抜群。ゲンブ緋竜王ゼルケツァルコアトルワタツミに続く5番手クラス。

水属性の壁で、アリーナ第一陣に多く配置される火属性モンスターからの攻撃を弱められる。



また、ゼペットはCT3の壁キャラとしてはスピードがやや速めで、いち早くCT3攻撃ができる。また、これまでのCT3モンスターのスキル攻撃は、対象が多くない(2体程度まで)ケースが多かったが、全体攻撃できるゼペットはレア。


唯一虎王ドラザーンは敵全体にバラまけるが、スピードが遅すぎる為、出番がきたときは残党が少なく、その恩恵を受けづらいという難点があったが、スピードが遅くないゼペットはそのあたりが少々解消された。

しかし、自身の攻撃力はあまり高くなく、攻撃倍率も110%ということで、アリーナ第一陣の防御力高めの相手であれば、敵全体に少ないダメージしか与えられないだろう。

とは言え、耐久性に特化した壁キャラから、これだけのアクティブスキルが発動できるのは贅沢。

↑このページのトップヘ