タグ:ギャンブル系

★★★★★
ノクターン
ノクターン
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年9月の「シンフォニアガチャ」で通常ガチャモンスターとして登場。
gシンフォニア

これまで、パッシブスキルでのスピード上昇率は12%が最高だったが、16%上昇と大きく壁を破ったモンスター。

アクティブスキルも強くなく、パッシブスキル以外は自身のスピードが早い点以外あまり目立った能力は無い為、パッシブスキル要員としての利用になるだろう。

ただし最近ではケンシンアリス系のようにすばやさを上昇させつつ、攻撃力も高められる優秀なアタッカーも増えてきている為、パッシブスキル評価をAとはしたが、味方3体16%だけでは最高峰とまではいかない。

とは言え、現時点では他にない価値を持ったモンスターであることから、モンスター評価はC+と高く見た。

アクティブスキルの状態異常付与は、敵2体に中確率(確率50%程度)と対象は多くないが、すばやいターンから、混乱・沈黙あたりが相手の主要モンスターに付与できると面白い。

ノクターンに続く、次のスピード16%上昇モンスターにも注目したいところ。

★★★★★
ウッディ

★★★★★
マリンマリン
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年7月の「海と山のパレードガチャ」で通常ガチャモンスターとして登場。
g海と山

カーバンクルに次ぐ、状態異常攻撃が主となるアクティブスキル星5モンスター

状態異常攻撃の中では、相手のアクションを無効としてしまう「気絶」「麻痺」「感電」がもっとも強力と思われるが、マリンは「感電」を高確率で敵2-3体に3ターン発動できる点は強い。

一方で、ステータス面は、同じレベル90で比較した場合、一部星4モンスターにも負けてしまうほど星5モンスターとしては弱く、特徴もない。レベル100まで到達してようやく見られるものになる。ステータス評価はギリギリD。

パッシブスキルも星5としては弱めで、こちらもギリギリC評価。

これだけでは、星5最低ランク評価となってしまうが、マリンはCT3でのアクティブスキル発動ができる

スピードも遅くない為、アリーナ第一陣のCT3ターンでいち早く感電攻撃ができる差別化要素を考慮すると、総合D+評価となった。

★★★★★
カーバンクルカーバンクル
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。


2021年3月の「イースターガチャ」に登場し、その後通常ガチャモンスターとなる。
gイースター


アクティブスキルがすべて状態異常攻撃という特殊モンスター。
マヒや沈黙を高確率で打てることの価値は大きいが、当然ながら敵に耐性を持たれていては無効となる。状態異常攻撃をアクティブスキルのサブスキルとして持つならよいが、メインスキルとして持つことの評価は悩ましいところ。

パッシブスキルは攻守スピード3つ上昇するパターン。「ネコ神・そらのすがた」に次ぐレアで、味方全体に付与できる点は秀逸。その分、付与倍率が平均的な星5の12%よりも下げられており、陣形設計により一部のモンスターのステータスを突出させたいユーザーには好まれない。

ステータスはややスピード値は高いものの無難で、マヒ・沈黙を与えるアクティブスキルを活かすには相手よりも先手を取りたく、レベル90でスピード230以上の個体に出会いたいところ。

総合的にモンスターレベルは高く、うまくパーティ設計を行い、他のモンスターと連携することでカーバンクルの価値はより高まるだろう。



使い勝手は、相手より早くスキル発動できることでその後の戦局を大きく変えられるという点で、オニヒメに似ている。

キュベレーが味方全員へのマヒ耐性を持っていることから、マヒ推しカーバンクルの登場により、キュベレーの価値がまた上がってしまった。

★★★★
heru
ヘルハウンド
ガチャ初期より存在するモンスター

星4アタッカーとしてはまずまずの攻撃力で、味方4体の防御力を9%上昇させるパッシブスキルも悪くない。

アクティブスキルは、1体の敵に3回攻撃できるタイプで150%倍率攻撃ができるのは星4としては強力。(1回目の攻撃でその敵を倒せば、別の敵に2回目の攻撃が移る。)  自身のスピードは速くないが、他のスピードキャラがアクティブスキル攻撃をバラまいた後の残党処理にヘルハウンドのアクティブスキルは適している。

低確率での350%攻撃が発動すれば、ワンランク上のクエストもクリアできる可能性が生まれ、ギャンブル性の高いモンスターとしても好まれている。

↑このページのトップヘ