タグ:スピード上昇PS

★★★★★
ギルガメッシュ
ギルガメッシュ
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年10月の「さまよえる闘志ガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
さまよえる闘志

スピードの速い特殊アタッカー。スピードの速い個体では、レベル上限100で300を超えるものもある。

アクティブスキル攻撃は敵5体に2回攻撃と対象は多いものの、自身の攻撃力がアタッカーとしてはそこまで高くないことから、アクティブスキル攻撃倍率60%では防御力の高い相手には大きなダメージを与えられないだろう。

ギルガメッシュに一番期待するものは、高確率での感電攻撃となる。

感電は状態異常攻撃の中でも、相手の動きを封じ、その間にダメージを与えて倒すことができるものとして、マヒ、気絶、混乱と並んだ強い攻撃となる。


パッシブスキルは、スピード上昇持ちとしての評価できる点はあるが、味方3体に9%上昇と、星4のチェシャ猫コサメなどと変わらない程度で星5としては少々物足りなさもある。


少しでも早いタイミングからスキルを発動し、相手の動きを封じる役割を全うする為に、スピードの速い個体に出会いたいところ。

★★★★★

アイスマン
アイスマン

限定クエストモンスターとして登場。

eアイスマン

スピード上昇パッシブ持ちつつ、味方3体に魔法防御力12%上昇もでき、それをCT3発動できるという、星4モンスターとしてはかなりリッチなパッシブスキルを保有している。

一方で、肝心なステータス面が残念な為、利用価値が悩ましいモンスターでもある。

限定クエストから入手できるモンスターでもある為、少しでもよい個体値を持ったモンスターを厳選して、存在価値を作りたいところ。

★★★★★

ダークファング
ダークファング

限定クエストモンスターとして登場。

eダークファング

限定クエストモンスターとしては、めずらしくスピード上昇パッシブスキルを持つ。

また、対象は1体と少ないものの、アクティブスキル倍率300%にて、ほぼ確実に1体を仕留められる点も特徴的。

石化ステータスについては使いこなす点の難しさはあるが、敵4体に高確率で3ターン付与できる点も尖っている。

スピードや攻撃力が高く、アタッカーとしても利用価値があることから、個体厳選をして適した場面で活用したい。

★★★★★
紅葉オニヒメ
紅葉オニヒメ
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年10月の「秋のひとやすみガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
g秋のひとやすみ

オニヒメの秋限定バージョン。

酒呑童子の上位互換となった月見酒呑童子と異なり、紅葉オニヒメはオニヒメとは特徴、役割の異なるモンスターとなった。

パッシブスキルにてすばやさ上昇できる点は変わらないが、
オニヒメは、すばやい攻撃から混乱スキルをまき散らす特殊アタッカーであり、
紅葉オニヒメは、アクティブスキル攻撃で敵3-4体に150%攻撃とまずまずの攻撃性を持ちつつ、そこそこの防御性も備えるオールマイティタイプとなっている。

すばやさ12%上昇の絶対的な価値はありつつも、その他は尖った性能の無いモンスターである為、オニヒメよりも低い評価とした。

★★★★★
オラトリア
オラトリア
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年9月の「シンフォニアガチャ」で通常ガチャモンスターとして登場。
gシンフォニア

スピードの速い壁。

壁役としては、魔法防御や、HPがあまり高くない点が目立つが、オラトリアは他の壁役には無い「スピード」「確定石化」「蘇生」という特殊能力を持つ。

攻撃力はあまり高くなく、アクティブスキル攻撃も敵3体に100%と強いものではないが、確定で石化を敵全体に3ターンできる点は面白い。

通常、壁モンスターはアリーナでは第一陣で使用することが多い為、スピードが早いことのメリットは少ないが、オラトリアはパッシブスキルですばやさ上昇できる点などから、アリーナ第二陣以降にも組み込める。

アリーナ第一陣で使用する場合は、CT4ターンで味方の蘇生&相手を石化させた上で、蘇生させた味方の体力を他のモンスターのスキルによって回復できると面白い。

アリーナ第二陣以降では、オラトリアのスピードの速さから、いち早く石化スキルを発動させる可能性が高い為、オラトリアと同じパーティには、石化後のスキル無駄打ちが発生しないようなパーティ構成を考えたい。(バフ持ちのアクティブスキルは、相手全体が石化していても発動してしまう。)

どの場面で使用するにしても、プレイヤーのパーティ・陣形設計力が試される上級者向きのモンスター。モンスター単体の評価としてはC-としたが、設計次第で価値は変わる。

↑このページのトップヘ