タグ:光

★★★★★
白雪姫白雪姫

2022年6月の白雪姫ガチャにて通常ガチャモンスターとして登場。
白雪姫

おしとやかな見た目とは異なるスピード系ギャンブラー。


ステータスのスピードがかなり速いタイプで、レベル90で300を超えることもある。

攻撃力はアタッカーとしては少々物足りないものではある。とはいえ、レアモンのジャンヌダルクフライラなどに似ている優秀なステータスの持ち主。



アクティブスキルは強いが、すべて確率制限付きである点がポイント
アクティブスキル攻撃は敵5体に140%倍率で打てるが高確率である為、平均的には4体程度となるだろう。凍結攻撃も高確率の条件付きだが、対象が敵5体と広い範囲である点はレアで頼もしい。味方5体を対象としているHP回復もレアだが、こちらは中確率である為、期待しすぎには禁物。

すべて確率のギャンブラータイプである為、場合によっては「なにもおこらない」ということもありうるので注意。クエストでは凍結耐性の無い相手に凍結スキルをうまく当てていけると強いだろう。


アリーナでは、スピードの速さから第二陣以降が向いてはいるが、アリーナ上位陣となるとスピードパッシブを持たないことで使いづらくなる。

魔法攻撃力・防御力を高められるパッシブスキルを持つことで、アリーナ第一陣での魔法パーティ適正は高いが、せっかくの面白いアクティブスキルが最大CT5であることから生きてこない。


それぞれの項目は高い評価となっているが、活躍できる場面が限定しづらい点などから総合評価はそれなりのものとなったが、初級~中級ユーザーにとってはアリーナからクエストまでいろいろな活躍を見せてくれるモンスターとなるだろう。

★★★★★
ギルムーン
ギルムーン

2022年6月の「炎と月のアウトサイダーガチャ」にて通常モンスターとして登場。
炎と月

攻撃力高め、防御力高め、攻撃力と防御力を高められるパッシブスキルなどから、アリーナ第一陣向けモンスター。


アリーナ第一陣向けにしてはスピードが速めであるが、HPは低く、耐久性があまり高くない為、よほど防御力の高い個体でなければアリーナ第一陣では後列配置がおすすめ。


アクティブスキルでは、敵全体に110%の攻撃が行えるが、高確率との条件付きの為、平均的には敵3-4体への攻撃程度の期待となる。

相手の能力を下げるデバフは高確率との条件付きではあるが、対象が敵全体となっているモンスターは珍しい。物理攻撃力とスピードを2ターンの間、40%減少させることができる仕様だが、早いターンで決着が付いてしまうアリーナでは効果は薄い。

最終WAVEに物理攻撃モンスターの多いクエストで、最終WAVE1ターン目でデバフを発動できると、その後の展開がかなり有利に進められるだろう。


パッシブスキルでの上昇が、攻撃力は物理、防御力は魔法と異なっている点が、うまく自身のアリーナ第一陣手持ちにかみ合う人には重宝するが、その他はあまり特徴的な点や強みが少ないモンスター。


より攻撃力の高い個体を見つけ、アリーナ第一陣の適正を高めたい。

★★★★★
ミーナサンドラ
ミーナサン

2022年5月の「世界樹の冒険コンビガチャ」にて限定モンスターとして登場。
gアストラルデュオ


2周年限定ガチャで登場したアリーナ第一陣適正が半端なく高いモンスター



星5トップクラスの攻撃力を持ちつつ、CT3アクティブスキル発動ができ、パッシブスキルでは味方4体への根性付与も行える。目新しい機能や、過去最高の能力値を備えたわけではないが、贅沢要素を詰め込んだ物理攻撃モンスター。



攻撃力は物理モンスターとしてサタンに次ぐ2番手クラスに強く、物理攻撃力の高い個体ではレベル90時点で340を超えるものもいる。

アタッカーとしては耐久性も高めで、攻撃力と耐久性の両面を考慮した「攻守値」(スプレッドシート参照)では現状第4位。(1位 憤怒のジン、2位 ガロ、3位 ジャック


CT3発動が可能なアクティブスキル攻撃は、敵2体に200%攻撃と特段強いスキルではないが、自身の高い攻撃力からほぼ2体を仕留められるもの。このCT3スキルもガロや憤怒のジンと同等レベル。
(スピードの遅いミーナ&サンダードラゴンから放たれる状態異常攻撃スキルや防御力減少デバフ攻撃にはそれほど価値は無さそう。)


パッシブスキルで味方の攻撃力を上昇させられる点もガロや憤怒のジンと同じで、ミーナ&サンダードラゴンは味方4体の物理攻撃力を12%上昇できる。(ガロは味方5体に18%上昇、憤怒のジンは味方5体に12%上昇とこの点ではやや劣るが。)


ここまで、レアモンの中でも高額で取引される人気モンスターのガロや、アリーナ第一陣適正が星5トップクラスに高い魔法モンスターの憤怒のジンにも迫る総合力を持っているが、ミーナ&サンダードラゴンはさらにパッシブスキルでの味方4体への根性付与を持つ。これはえぐい。根性持ちレアモンのゲンブアメノウズメの価値は相対的に下がることになった。


CT3でスキル発動できるとは言え、ミーナ&サンダードラゴンのスピードはかなり遅めであることから、敵として交わる際は、少しでも早くCT3スキル発動ができるモンスターで対抗したい。

★★★★★
アマテラス02
アマテラス


2022年4月開始のシーズン9のレアモンとして登場。
レアモン9


今回の星5レアモン4体の中では、唯一防御力にステータスが振られているタイプ。


防御力はそこそこ高いが、壁としてはHPが少ない為、耐久性はそこそこ。

耐久性そこそこで、スピードが速めなステータスは、ガチャモンである九尾・タマモを若干下位互換させたようなものでステータス優秀なモンスターの多いレアモンとしては物足りなさはある。


また、パッシブスキルは物理・魔法防御力を12%上昇させられるものだが、対象が味方4体ということでこちらも物足りない。(味方5体の物理・魔法防御力を上昇できる壁モンスターはたくさんいる。)


とは言え、耐久力高め、スピード速めでありつつ、攻撃力もそこそこあり、アクティブスキルでは敵全体に140%攻撃が行える点などはさすがレアモンで贅沢。エグリプト初心者がゲットできた際はあらゆる方面での活躍が期待できるだろう。


この贅沢さはブラドにも似ており、ヴラド同様に各要素は優秀でも、アリーナでの利用場面を見つけづらいタイプである。より何かに特化した個体をゲットし、キズナレベルを上げることでアマテラスが活きるポジションを作りだしたいところ。

★★★★
クリケット
クリケット

2022年4月のエイプリルフールガチャで限定ガチャモンスターとして登場。
gエイプリル2022


星4としてはトップクラスのスピードに、スピードパッシブ持ちというスピードモンスター。

同じくスピードパッシブ持ちのポイミーなどは、いち早いアクティブスキル攻撃で、敵4体と広い対象に少ないダメージを入れるが、クリケットは2体に高い倍率で入れるタイプ。

スピード以外のステータスは平凡ではあるが、250%と高い倍率のアクティブスキルで、敵2体の確殺を狙いにいける点はありがたい。

星5メンバーで固めたアリーナ第2陣などでも、星5クラスのスピードアタッカーには速さで及ばないものの、星5からのスキルアタックで取り残した残党を、クリケットの高倍率スキルで刈り取るような展開が組めると素敵。

↑このページのトップヘ