タグ:星5

★★★★★
弁慶
弁慶
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年10月の「さまよえる闘志ガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
さまよえる闘志

耐久力抜群の壁モンスター。

緋竜王ゼルには及ばないもののレベル90で300超えも期待できる物理防御力に、高いHPを加えた耐久力は多くのアタッカーを困らせるだろう。

パッシブスキルは味方全員の物理・魔法防御を12%上昇できるもので、壁役としては現時点での最高評価。

ここまでで、壁として上位にランクするレアモンの孫悟空ケツァルコアトルと同等の評価ができるが、弁慶は物理ダメージ耐性が付与できるアクティブスキルでも個性が光る。

アーサーかぐやセフィロトなど、ダメージ耐性スキル持ちモンスターはわずかに存在していたが、物理ダメージ耐性を味方複数体に確定で付与できるモンスターは弁慶が初

特にクエストでは価値が高く、CT3で最終WAVE前に物理攻撃耐性を発動させることで、かなり有利に最終決戦を行うことができるだろう。(敵が全員物理攻撃モンスターのクエストなら2ターンの間は無敵)

一方で、味方3体の攻撃力16%上昇スキルは地味。
CT3で発動できることの価値はありつつも、この手のバフは数ターンのみの一時的なものであることから30%~60%上昇が当たり前である為、16%では評価への加点はわずかなものでしかない。


総合評価については、壁トップクラスの耐久力ではあるが、ゼルの防御力のように壁としての他には無い特異性は少ないことから、ゼル以下、孫悟空以上のB+とした。

★★★★★
月見酒呑童子月見酒呑童子
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年10月の「秋のひとやすみガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
g秋のひとやすみ

酒呑童子の秋限定バージョン。
HP、攻撃力、スピードが微増し、防御力が微減。属性は闇→光へ。

正統派アタッカーである酒呑童子の特徴がそのまま引き継がれているが、アクティブスキル攻撃倍率が170%→190%と増加している価値は大きい。月見バージョンになることで1撃で倒せる相手の範囲は増えただろう。

総じて、酒呑童子の長所をさらに伸ばした形となっており、評価は高い。

すばやさ上昇パッシブスキルを持たないアタッカーとしては、ジャンヌダルクに次ぐ最上位に位置する。

★★★★★
紅葉オニヒメ
紅葉オニヒメ
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年10月の「秋のひとやすみガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
g秋のひとやすみ

オニヒメの秋限定バージョン。

酒呑童子の上位互換となった月見酒呑童子と異なり、紅葉オニヒメはオニヒメとは特徴、役割の異なるモンスターとなった。

パッシブスキルにてすばやさ上昇できる点は変わらないが、
オニヒメは、すばやい攻撃から混乱スキルをまき散らす特殊アタッカーであり、
紅葉オニヒメは、アクティブスキル攻撃で敵3-4体に150%攻撃とまずまずの攻撃性を持ちつつ、そこそこの防御性も備えるオールマイティタイプとなっている。

すばやさ12%上昇の絶対的な価値はありつつも、その他は尖った性能の無いモンスターである為、オニヒメよりも低い評価とした。

★★★★★
マシュ
マシュ
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年9月の「旬の化身ガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
g旬の化身

防御力はそこそこ、HPもそこそこと、壁役としては無難なステータスだが、壁としては攻撃力やスピードもそこそこあり打撃面も少しは期待できる壁。

バランスの良いモンスターで、まだ星5モンスターを多く保有していない時期には重宝するが、何かに特化していないと出番が減るケースの多いエグリプトにおいてはバランスの良さはデメリットとも言える。

一方で、パッシブスキルは味方全体の物理・魔法防御を12%上昇でき、壁役としては現状最高クラス。このスキルだけでアリーナ第一陣として採用する価値は大きいだろう。

アクティブスキルは、敵3体に110%攻撃と、相手に致命傷を与えられるようなものではないが、CT3で早めのスピードから発動きることは大きなメリット。
状態異常の毒については、そこまで攻撃として高い評価はできないが、こちらもやはりCT3の早い段階から確定で3体に付与できる点はうれしい。

やはり壁役としての活用になるので、少しでも防御面の数値が高い個体が欲しいところ。

★★★★★
ザンマ
ザンマ
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年9月の「旬の化身ガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
g旬の化身

見た目は奇抜だが、アクティブスキルが強力な正統派アタッカー。他のアタッカーとの大きな違いは魔法防御力が高い点。

スピード、物理攻撃力は、アタッカーとしてはまずまずだが、アクティブスキルで敵全体に140%攻撃できる点は強力。よりスピードの高い個体や、味方のスピード上昇バフなどで、いち早くアクティブスキル発動できる形を作りたい。

パッシブスキルは、物理攻撃力と魔法防御力を味方4体へ上昇できる強力なもの。自身の物理攻撃力や、高い魔法防御力をさらに高められる為、陣形ではザンマは前列で起用したい。

パッシブスキルによりさらに高まった魔法防御により、ルルゼンなどの強力な相手からアクティブスキルで先手を打たれた際に生き延び、その後、攻勢をかけることができると面白い。

↑このページのトップヘ