タグ:根性

★★★★★
アビス
アビス
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年11月の「ハイパーエボリューションガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
gハイパーエボリューション


レアモンのゲンブに付与されエグリプト界を震撼させた「パッシブスキルでの根性付与」を持つガチャモンが登場。

ゲンブと比べて付与対象が3体と少ないが、グル・イフリートのようなアクティブスキル発動時の根性付与と異なり、デフォルトで根性付与されることの評価は高い。

上記に加え、パッシブスキルで味方全体のすばやさを12%上昇できる点から、これだけで十分上位ランク入りできるモンスター。


ゲンブは壁としてアリーナ第一陣で使用されるケースが多そうだが、アビスはスピード上昇パッシブスキルを持つことから、第二陣以降で使用できるモンスターとなり、アクティブスキル合戦でデフォルト根性付与できる価値も大きいだろう。


一方でステータス面を見ると、スピードは一級品で高い評価としているが、その他は星5モンスターとしては比較的平凡。
アビス

星評価では星5が並び贅沢にも見えるが、Defense、MagicDefenseの星5評価は下限の星5。
(Defense星5のレンジは広く、レベル90時点で防御力250~370程度の幅がある)

また、HPが致命的に低い。厳選されたリザードマンと比べて耐久力で劣るレベルである為、壁として過度の期待には注意


アクティブスキルについては、攻撃倍率は300%と高いが、対象が1体であることは残念。ほぼ確実に1体を仕留めにいけることを良しとしよう。


自身の攻撃力の低さからも、攻撃面での期待はできず、パッシブスキル要員としての期待の高いモンスターにはなるが、アビスが1体いるだけでパーティの能力を大きく高めてくれることは間違いない。

★★★★★
ゲンブ
ゲンブ
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

シーズン7のレアモンとして登場。
r7

これまで断トツで高い防御力を備えていた緋竜王ゼルと近しい防御力を持ちつつ、ゼルを大きく上回るHPにより突き抜けた耐久性を手に入れたレアモン。

上限解放によりレベル100を目指すことが容易ではないガチャモンと比べ、デフォルトで上限レベル100となるゲンブは壁としてゼルを超えた大きな脅威となった


パッシブスキルも壁として最高峰の「味方全体への物理・魔法防御力12%上昇」を備えつつ、ゲンブはさらに味方全体への根性付与が行える
※根性とは、味方に対するステータス変化で、致死量以上のダメージを受けた際に、1度だけHP1で生き延びることができるスキル。

これまでのグル・イフリートなどのアクティブスキル発動時の根性付与と異なり、戦闘開始時から味方全体へ根性付与されていることの価値はとても大きい

耐久性からアリーナ第一パーティで使用することがメインにはなるが、パッシブでの根性付与スキルにより、アリーナ第二パーティにて、どうしてもアクティブスキル発動スピードで勝てない相手の攻撃に耐える為に陣形配置するような使い方も面白い。


アクティブスキルの石化、リジェネについては、これまでそれぞれのスキルとしては価値を見出しづらかったが、この2つが組み合わさることにより、石化で相手の動きを止めている間に仲間のHPを回復させるというシナジーを作った
※ただし石化スキルについては扱いが難しいスキルである為、同パーティのアクティブスキル設計など綿密に行う必要あり。


これまで優秀な壁キャラは火属性に多かったが、草属性に壁が少なかったことなどもこのゲンブの希少価値を上げている。

★★★★★
グル・ワイバーングルワイバーン2
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年9月の「精霊龍ガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
g精霊龍

グル・イフリートと共に、新たなスキル「根性」を持ち登場したモンスター。
※根性とは、味方に対するステータス変化で、致死量以上のダメージを受けた際に、1度だけHP1で生き延びることができるスキル。

ただし、味方全体に根性付与できるグル・イフリートと異なり、グル・ワイバーンは自身にのみ付与となるもの。おまけみたいなものなので、そこまで価値には期待しないほうがよいだろう。


ただし、グル・ワイバーン自体は、敵全体アクティブスキル攻撃が強力な一流アタッカー。

スピードも速く、パッシブスキルによりすばやさと魔法攻撃力が高められる点もアタッカーとしての価値を高めている。よりスピードの高い個体を見つけ、アクティブスキル合戦で敵全体攻撃をいち早く発動させたい。

ルルゼンなどの強力な魔法攻撃モンスターと合わせてパーティを組むことができると、一層価値が高まるだろう。

★★★★★
グル・イフリート
グルイフリート
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年9月の「精霊龍ガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
g精霊龍

根性という新たなステータス変化を付与できるモンスター。

※根性とは、味方に対するステータス変化で、致死量以上のダメージを受けた際に、1度だけHP1で生き延びることができるスキル。

ステータスは、壁役としては物理・魔法防御共に高く合格点と言ったところ。
攻撃力は低いが、アクティブスキル攻撃で230%倍率の高いダメージを与えられる点は評価できる。

一方で、パッシブスキルは、味方全体の物理・魔法防御を12%上昇でき、壁役としては現状最高クラス。

モンスターの活用方法としては、
パッシブスキル性能からも、アリーナ第一陣で壁として使用するのも悪くないが、自身のスピードもそこそこある為、アリーナ中級レベルまでは、アリーナ第二陣でのアクティブスキル合戦で先手を取れると、根性付与による価値を発揮できるだろう。

中級~上級レベルでは、アリーナ第二陣でグル・イフリートを優先的に使用するほどの価値は無く、(もう少しスピードがあれば違った)
第一陣での壁役以外での利用場面は無い為、CT4での根性が価値を発揮することは現状少なそう。(CT3で発動できると、アリーナ第一陣での価値が出ますね。)

レベル90で、スピード240近いような個体に出会うようなことができると、価値が大きく上昇することは間違いない。

↑このページのトップヘ