タグ:水

★★★★★
ラミアルーイラミア&ルーイ

2022年8月のサマーバケーションガチャにて限定ガチャモンスターとして登場。
サマーバケーション


スピードパッシブ持ちで、自身のスピードも速く、アクティブスキルでは全体攻撃が打てる強力な物理アタッカー。スピードの速い個体ではレベル90で310を超えてくる。

スペック的にはキュベレーなどのスピードアタッカーポジションの上位ランクに位置するとも言えるだろう。

アクティブスキルは敵全体攻撃を持っており、倍率も170%と高い。スピードモンスターと全体攻撃の相性はとても良く、貴重な存在となる。
サブスキルでの味方の攻撃力上昇率は20%と高くは無いが、確定で味方全体に付与できる点は安定感のある補助スキル。パーティを物理で揃え、価値を最大化させたい。

パッシブスキルは、スピードと物理防御力を共に味方全体に12%上昇できる贅沢なもの。味方全体への石化耐性がある点も、ペトラなどすばやい石化スキル持ちがアリーナで存在感を示す中でありがたい。


以上、かなりハイスペックなモンスターであり、久しぶりのtier表の総合Sランク入りとしたが、ひとつポイントであることは、物理アタッカーであること。


最近では、アリーナ第一陣を物理アタッカーで統一し、アリーナ第三陣などのスピード対決では、コトラルルゼンなどの魔法アタッカーで統一できると強いパーティが作れることが多く、物理系の強いスピードアタッカーが陽の目を浴びづらい環境があった。

そんな中、ラミア&ルーイの登場でセフィロトフライラクリスマスキュベレーなどを活用した物理系スピードパーティが作りやすくなったことは間違いないだろう。

★★★★★
白鯨白鯨

2022年8月の深海なる種ガチャにて通常ガチャモンスターとして登場。
深海なる


耐久性の高い壁。防御力とHPを考慮した耐久性ランキングでは現在第11位。
白鯨

白鯨の目立った特徴は、壁キャラにしてはスピードが速い点。速い個体ではレベル90で260を超える。


壁キャラとしては「パッシブスキルで自身や他の壁キャラの耐久性をどれだけ高められるか」について期待したいところだが、白鯨は「味方3体の物理防御力12%上昇、魔法防御力9%上昇」のみとインパクトは弱い。


アクティブスキル攻撃は、高確率で敵3体へ100%攻撃と、自身の攻撃力が低い白鯨にとっては軽いジャブ程度にしかならないもの。一方で、サブスキルの「敵3体への高確率気絶攻撃」は強力。

すばやいスピードから強い気絶スキルを発動したいものだが、アリーナ第一陣の前列を任せられることになるだろう白鯨が、CT4スキルを発動させるまでターンまで生存することは難しく、せっかくのスピードもアリーナでは活かせることは少なそう


パッシブスキルでの味方全体へのマヒ耐性など含め、アリーナでなく、クエストでの活躍を期待して誕生したモンスターと考えてよい。

tier表でのアリーナ評価は低いが、強いマヒ攻撃モンスターがいるクエストでは価値を発揮するだろう。



★★★★★
ニャンドロメダニャンドロメダ

2022年8月の夏のひとときガチャにて通常ガチャモンスターとして登場。
夏のひととき



最大CT4のスピード上昇パッシブ持ちモンスター。

CT4のスピードパッシブ持ちとしては最速。これまでCT4ターンでは、スピードの速いケンシンや、降臨厳選されたペトラなどが多くの先手を取っていたが、ニャンドロメダはその上をいく。

また、アクティブスキルがバフ、デバフのみで構成され、反射スキルを持っている点も特徴



パッシブスキルは、味方全体のスピードを12%上昇させられるだけなく、おまけで味方2体の魔法攻撃力まで12%高めてくれる贅沢なもの。


アクティブスキルは、以下3つのバフ、デバフを持つ。
・敵3体に高確率で出血付与
・自身に敵の攻撃を反射させる状態付与を99ターン
・味方2体の魔法攻撃力を15%上昇

アクティブスキル単体でみると、敵を葬ることができるダメージ系攻撃を持っていない点などから高い評価を受けるものではないが、ニャンドロメダの速いスピードから、真っ先に出血を付与できることや、自身の高いHPに対して反射スキルを付与できる価値は高い。
(反射は、反射付与された際のHP値の分だけ、相手に反射ダメージを与えられる。)


ステータスは、攻撃力が低く、こちらもあまり高い評価のできるものではないが、ニャンドロメダをアリーナ第2陣以降で起用するのであれば、アクティブスキル的に、攻撃力はほぼ関係の無いものとなる。


前回のガチャキャラで高スペック器用貧乏であったエグリマンラクライと異なり、ニャンドロメダは、ステータス、アクティブスキルなど単体でみるとそこまで高評価とはならないが、うまくモンスター特性にスペックがマッチした無駄のない能力構成となっている。



とはいえ、直接的に敵を倒す能力は無く、ニャンドロメダに続く味方への間接的な効果を期待したモンスターである為、パーティ全体として価値を設計することが必要なやや上級者向けのモンスター

★★★★★
エグリマンエグリマン

2022年7月のスーパーヒーローズガチャにて限定ガチャモンスターとして登場。
スーパーヒーローズガチャ



スペックは優等生だが、アリーナでは出番が作りづらいタイプのモンスター。
同時期のガチャで登場したラクライと同様に、器用貧乏で能力が少々ちぐはぐなところがある。


ステータスは、スピードと魔法攻撃力が高く、耐久性もまずまずというレアモンのような贅沢仕様。



アクティブスキルは、敵3体に220%と高倍率攻撃ができ、エグリマンの高い攻撃力により3体をほぼ確殺できるインパクトの大きいもの。そして、中確率との条件付きではあるが、味方3体に20%のHP回復が行えるおまけ付き。

速いスピードから放たれる強いアクティブスキルを、アリーナ第二陣以降で活用させたいところだが、エグリマンはパッシブスキルがアリーナ第二陣以降にとても向いていない

アリーナ第二陣以降は、やはりスピードを一番重視したく、スピード上昇パッシブ持ちが優遇される。次に期待したいのは攻撃力上昇パッシブだ。


エグリマンのパッシブスキルは、味方全体の物理防御力を15%上昇できるもの。アリーナ第一陣では防御力上昇の価値は作りやすいとは言えるが、第一陣ではエグリマンの強力なCT5アクティブスキルが陽の目を見る機会は少ないだろう。


自身の速いスピードと、強いアクティブスキルに期待して、アリーナ第二陣以降で起用するか、
高い攻撃力と、防御力上昇パッシブスキルに期待して、アリーナ第一陣で起用するか。
どちらもエグリマンの持つ能力を一部潰してしまう形となってしまうのが残念。


それでも魔法攻撃力の高い個体はレベル90で300を超えるものもいる為、攻撃個体を見つけられれば、アリーナ第一陣でしっかり活躍してくれるだろう。

また、贅沢なスペック持ちではあるので、星5をまだ保有していないような初級ユーザーにとってはあらゆる方面で活躍してくれるモンスター。

★★★★★
ゼロ
ゼロ

2022年7月開始のシーズン10のレアモンとして登場。
シーズン10


2つの優れた能力と、2つのずばぬけた能力を持つレアモン。


2つの優れた能力は、
1.CT3スキル発動
2.強力なアクティブスキル


アクティブスキルは倍率200%で敵3体に攻撃が行えるもの。

CT3発動モンスターのアクティブスキル攻撃は、対象が2体程度と少ないケースや、3体以上であっても、攻撃倍率が100%に近いものであったりと、多くの敵にとどめをさせるものではなかった為、ゼロの3体確殺スキルの価値は大きい




2つのずばぬけた能力は、
1.星5モンスターNo.1攻撃力(2022年7月時点)
2.過去最高スピードパッシブ


物理攻撃力はこれまでの最高値サタンを超えてNo.1。攻撃力の高い個体だとレベル100で400を超えるというから恐ろしい。


パッシブスキルは、味方5体のスピードを15%上昇させ、味方3体の物理攻撃力を12%上昇させられるもの十二神コトラ登場時には、味方4体に15%上昇させられるということで大きな話題となったが、ゼロはその上を行く味方5体15%という恐ろしい仕様。さらに攻撃力12%上昇のおまけ付。


ただ、コトラとの大きな違いは、ゼロはスピードアタッカーではない、という点


ゼロのステータススピード値は低く、レベル100で180程度。
アリーナ第二陣では自身のスピードの遅さから、アクティブスキルを披露する機会は少なく、そうなるとせっかくの攻撃力も生かせず、パッシブスキルのみに期待する要員となってしまう可能性が高い。
(パッシブスキル要員としてだけでも大きな価値はあるが。)


よって、ゼロの個々の能力を光らせる為にはアリーナ第一陣に組み込むことが必要。耐久性は高くない為、第一陣の後列に配置させ、スピード上昇や、攻撃力上昇を活かす為に、アタッカーを集めた攻撃系の編成としたい

第一陣の攻撃で少しでも相手より先手を取りたいと考える上級者や、少しでも早くCT3スキルを発動したいと考えるユーザーにもマッチするだろう。


自身の強力なアクティブスキルを活かす為にも、少しでも早い個体を見つけ出したいところ。

↑このページのトップヘ