タグ:混乱

★★★★★
オートリ―
オートリ―
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2022年1月の「バードマンガチャ」で通常ガチャモンスターとして登場。
gバードマン

エグリプトで絶対人気のスピード上昇パッシブ持ち。

アクティブスキルで混乱スキルを持ち、パッシブスキルでスピードと攻撃力を共に上昇できる点はオニヒメとよく似ており、物理版混乱アタッカーとしての利用となる。
オートリ―2
オニヒメ同様に、よりスピードの速い個体で、相手より早く混乱攻撃を放ちたいところ。


また、オートリ―のポイントは、アクティブスキル倍率が320%と高いこと。
多くの星5モンスターが、アクティブスキル攻撃で相手を1撃確殺させることは難しいが、オートリ―は対象が1体と少ないものの確殺できる。

アクティブスキルにより4体確殺が可能な十二神コトラとの組み合わせで、残党の1体をオートリ―が確殺するようなシナジーが作れたりしても面白い。

とはいえ、単体で見たところアクティブスキル攻撃はあまり魅力的でなく、アクティブスキルはD判定としている。(状態異常攻撃や、シナジーにより生きてくるポイントはあまり加点しない評価ルールとしてます。)

★★★★★
アッシュ
アッシュ
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年11月の「デビルギャングガチャ」で通常ガチャモンスターとして登場。
gデビルギャング

エグリプトにおいて価値の高いすばやさ上昇パッシブスキル持ちで、味方全員を12%上昇できる。

アクティブスキルでは、倍率240%により2体をほぼ仕留められる上に、1体を確定混乱させられる為、(相手に耐性がなければ)3体をほぼ不能にできる点は魅力的。

パッシブスキルでの数値上昇はすばやさのみだが、味方4体への、石化、暗闇、沈黙耐性も、最近はこのあたりのスキルを効果的に発動させるモンスターが増えてきているのでありがたい。

すばやさ上昇パッシブという強い価値を持ちつつ、CT4でアクティブスキル発動ができ、敵2体をほぼ仕留められ、状態異常攻撃も強いという点で、役割としては魔法攻撃バージョンのアリスと考えてよいだろう。

総合評価としては、すばやさに加え、攻撃力もパッシブ上昇させられるアリスに軍配か。

★★★★★

プーカ
プーカ

限定クエストモンスターとして登場。

eプーカ

すばやいスピードから、中確率の混乱攻撃ができるモンスター。

その他の能力的には目立った要素は少ないが、自身の攻撃力も高めで、140%のアクティブスキル攻撃もまずまずの打撃を与えられる。

限定クエストから入手できるモンスターでもある為、スピードやアタックのよい個体を選び抜きたい。

★★★★★
ミラ
ミラ
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

シーズン6のレアモンとして登場。
r6

壁として十分なHP、防御力がありつつ、攻撃力も高い点はさすがレアモンと言ったところ。

倍率50%のアクティブスキル攻撃にはほぼ価値は無いが、敵2体に高確率で混乱を3ターン付与できる攻撃は強い。

スピードは遅いが、アクティブスキルを最大のCT3で発動できるようにすることで、CT4のアクティブスキル合戦に向けたよいトスができるだろう。

★★★★★
バンクシ
バンクシ2
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年4月の「緋竜王ガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
g緋竜王ガチャ

オニヒメ」「ヨル」に次ぐ、混乱スキル持ちのモンスター。

混乱攻撃は、少しでも相手より早く発動させることに価値があり、 これまでの混乱持ちもスピード高めのモンスターであったが、 「バンクシ」は「オニヒメ」「ヨル」以上に早く混乱攻撃を行え、混乱攻撃対象も2-4体と過去最高に広い為、優秀な混乱スキル打ちと言える。

一方で、「オニヒメ」「ヨル」は最短CT4発動だったところ、バンクシは発動CT5発動と調整しており、 この点は大きくマイナス評価となる。
CT4発動ができると、CT5でスキル発動する敵を事前に封じ込められるが、CT5発動ではアクティブスキルを封じ込められる対象が減る。


ステータスは素早さと防御力を兼ねた「ネコ神・そらのすがた」に近い。
バンクシ1

壁として高い能力を持ちつつ、それなりに攻撃力もある点は評価できる。


パッシブスキルは、スピード上昇スキルを保有する「オニヒメ」と比較すると平凡。
総合的に、混乱持ちとしては「オニヒメ」を上回る評価まではいかなかった。

↑このページのトップヘ