タグ:火

★★★★★
バルフレア
バルフレア03


2022年6月の「炎と月のアウトサイダーガチャ」にて通常モンスターとして登場。
炎と月

味方全員の魔法攻撃力を12%上昇させられるアタッカー。
自身のスピードが高めで、味方全体への攻撃力12%上昇持ちということから、ユウキの魔法攻撃バージョンのようなポジションとも言える。

ただし、魔法攻撃力を味方全体に12%上昇できるモンスターは、これまで憤怒のジンバンクシのみであった為、現在は貴重な存在。 ※物理攻撃力の味方全体12%~上昇モンスターは沢山いる。(ノルンゲンゴウユウキイースターアリス&ヒートスライムガロロウアメノウズメなど)


バルフレアは上記の味方全員攻撃力12%上昇脳筋系モンスターの中では、尖った攻撃力を持っているわけではないが、アクティブスキルが個性的。

アクティブスキル攻撃は、敵2体に210%と平凡だが、魔法ダメージ耐性が面白い。これまでダメージ耐性はアリーナ1陣向けモンスターが持つことが多く(弁慶ワタツミアーサーなど)、アリーナ2陣以降適正の高いスピード系モンスターではセフィロトの専売であった。

そんなセフィロトですら、ダメージ耐性は中確率の条件付きであったが、バルフレアは確定で味方2体に魔法ダメージ耐性を付与できる点が特徴。ダメージ耐性付与は陣形では前列から付与される為、アリーナ2陣以降でスキルアタックに期待する前列組に2体入れられるのは良し。現状、アリーナ2陣以降には強い魔法系アタッカーが多い為、コトラギルレールルゼンなどからの魔法スキル攻撃を無効にできると強いだろう


しかし、バルフレアの最大CTは5なので、敵のCT5発動スキルに対して耐性発揮したいのであれば、CT5でコトラなどに先駆けてスキル発動する必要がある。そのためにはかなり早い個体を見つける必要あり。
かなり速い個体でない多くのバルフレアでは、CT5でスキル発動して耐性を味方へ付与して2陣の敵を全滅させ、相手の3陣をCT6で受け入れる形になるだろう。


スピードパッシブ持ちではないので、アリーナ上位陣は、2陣、3陣には配置しづらく、また味方全体への魔法攻撃力12%パッシブスキルを活かして、アリーナ第一陣に配置させるには、攻撃力がやや物足りない点から、総合評価はあまり高いものとはしなかったが、アリーナ第一陣を脳筋魔法系で統一したいユーザーにとっては重宝するだろう。


自身へのすばやさ減少はお愛嬌。速いターンで決着の付くアリーナではあまり大きな影響は無いだろう。

★★★★★
ニニギ02
ニギギ

2022年4月開始のシーズン9のレアモンとして登場。
レアモン9



今回の星5レアモン4体の中では、唯一のスピード上昇パッシブ持ちで、どんなユーザーにも好まれるタイプのスピードアタッカー。

自身のスピードもとても高く、アクティブスキル攻撃も強いことから、アリーナ第二陣以降のアクティブスキル合戦では活躍間違い無し。


アクティブスキルは敵3体に200%攻撃が行えるもので、多くの敵を1撃で葬ることができるだろう。


アクティブスキル攻撃で倒し損ねた残党に対する暗闇攻撃も効果的。暗闇は、攻撃だけでなく、スキルの付与確率も下げる為、いち早くニニギがアクティブスキルを発動させることで、その後の展開はかなり有利に進められるだろう。


パッシブスキルは、味方3体のスピードを9%上昇させられるだけでなく、魔法攻撃力や魔法防御力も高められることから、魔法系モンスターでパーティを固めていきたい。


ステータスの魔法防御が高いこともポイント。アクティブスキル合戦でコトラに先手を取られた際の生存率はスピードアタッカーとしてはとても高い。


と、優等生レアモンではあるものの、同じ火属性レアモンのギルレーと比較すると、各要素がそれぞれ下位互換のようにも見える為、アリーナ上位で極めている人にはそこまで好かれないかも。


前回のレアモンでいうと、フライラのようなポジションか。

★★★★★
アリスヒート
アリスヒート3


2022年4月の「世界樹の冒険コンビガチャ」にて限定モンスターとして登場。
2周年限定ガチャ1


エグリプト2周年の目玉モンスターとして登場。

強力な壁である「ティターニア&ゴレム」に対し、「アリス&ヒートスライム」は強力なスピードアタッカー。


とにかく早い。自身のスピードはガチャモントップクラス。

強力なスピードアタッカーである、アスカ十二神コトラルルゼンなどと比べると攻撃力がやや低めではあるが、その分、アクティブスキル倍率は220%と高めで、スキル攻撃では多くの敵を1撃で仕留められるだろう。


アクティブスキル攻撃の対象数は2-4体とレンジが広いギャンブル系。4体にリーチできればかなり強力なスキル攻撃となるが、勝利設計がしづらい点はマイナス。


パッシブスキルは味方5体の攻撃力を12%上昇させられるだけでなく、自身のスピードも12%上昇できるもの。


自身のスピードの速さや、攻撃力はそこまで高くない点、アクティブスキルが強い点から、多くのユーザーにはアリーナ第二陣以降での配置が適任となる。

十二神コトラなどのパッシブスキルと比べてしまうと、2周年記念キャラとして味方数体のスピード上昇まで期待したかったところではあるが、自身のスピード12%上昇により、とにかく「アリス&ヒートスライム」だけは誰よりも早くアクティブスキル攻撃を打つというパーティ設計はできるだろう。

★★★★
ホットドッグ
ホットドッグ

2022年4月の限定クエストで登場。
ホットドッグ


高火力なCT3モンスター。星4にしてはかなり魔法攻撃力が高め。

高確率と条件付きではあるが、敵3体に170%倍率で打てるアクティブスキル攻撃は強く、中確率ながらも味方3体に根性付与できるサブスキルもおまけとしては贅沢。


高火力でCT3スキル攻撃ができる点は星4レアモンのメガロドンに近い。

魔法攻撃力以外のステータスは平凡ではあるが、CT3発動モンスターとしてはスピードが速めで、この点でメガロドンに勝る。


パッシブスキルは味方3体への魔法攻撃力9%上昇と平凡であり、オールマイティな星4モンスターダガーと比べると全般的にやや劣るが、ホットドックはCT3で早くスキルを打てる価値がとにかく大きい

星5のCT3モンスターであるスルト憤怒のジンなどレベル90時点のスピードを比べると勝っているケースも多く、アリーナ第一陣での活躍は間違いない。


アリーナ第一陣として攻撃力を重視しつつも、少しでも早くCT3スキル発動したい点から、厳選する際は、1に攻撃力、2にスピードで、妥協せず高い数値の個体を見つけ出したい。

★★★★★
アカマオー
アカマオー03

2022年3月の「偉大なる三マオーガチャ」で通常ガチャモンスターとして登場。
g偉大なる三マオ―

三マオ―のスピードアタッカー。

パッシブスキルは、味方3体のスピードだけでなく、魔法攻撃力も12%高められる貴重なもの。

アクティブスキルは、敵4体に2回攻撃が行える手数の多いもの。倍率は110%と高くなく、高確率との条件付きではあるが、CT4ですばやく多くの敵にダメージを与えられることはありがたい。

同じくCT4で多くの敵にすばやくスキル攻撃が行えるグルワイバーンケンシンと組み合わせることで、CT4ターンの速い段階で敵全滅へと追い込むこともできるだろう。

アクティブスキルで自身にやけどを負う点はご愛嬌。


特別な個性を持つモンスターでは無いが、スピード上昇パッシブを持つCT4スピードアタッカーとして多くのユーザーに重宝されるだろう。

↑このページのトップヘ