タグ:火

★★★★★
ギルガメッシュ
ギルガメッシュ
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年10月の「さまよえる闘志ガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
さまよえる闘志

スピードの速い特殊アタッカー。スピードの速い個体では、レベル上限100で300を超えるものもある。

アクティブスキル攻撃は敵5体に2回攻撃と対象は多いものの、自身の攻撃力がアタッカーとしてはそこまで高くないことから、アクティブスキル攻撃倍率60%では防御力の高い相手には大きなダメージを与えられないだろう。

ギルガメッシュに一番期待するものは、高確率での感電攻撃となる。

感電は状態異常攻撃の中でも、相手の動きを封じ、その間にダメージを与えて倒すことができるものとして、マヒ、気絶、混乱と並んだ強い攻撃となる。


パッシブスキルは、スピード上昇持ちとしての評価できる点はあるが、味方3体に9%上昇と、星4のチェシャ猫コサメなどと変わらない程度で星5としては少々物足りなさもある。


少しでも早いタイミングからスキルを発動し、相手の動きを封じる役割を全うする為に、スピードの速い個体に出会いたいところ。

★★★★★
スラゴン
スラゴン

限定クエストモンスターとして登場。

eスラゴン

星4最強クラスの攻撃力に、星4最強クラスのアクティブスキル攻撃倍率200%と、攻撃対象に対する火力はメガロドンと星4トップクラスを争うモンスター。物理攻撃力はレベル90時点で300近くまで期待できる。

また、アクティブスキル攻撃はCT3での発動が可能。スピードは遅いものの、パーティ後列から強力なアクティブスキル攻撃を発動させたい。

ただし、アクティブスキル攻撃は高確率となっており、2体に入ればラッキー、場合によっては1体も入らないことがある点は注意が必要。

★★★★★

クリスタ
クリスタ

2021年9月の「旅芸者ガチャ」で通常ガチャモンスターとして登場。
g旅芸者

星4の中ではかなり変わった部類のモンスター。

パッシブスキルは、ステータス上昇を持たない残念な仕様。
また、火力が弱く、通常攻撃や、倍率100%アクティブスキル攻撃にはあまり期待できないが、低確率ながら敵5体に気絶、沈黙などの状態異常攻撃ができる。

自身の攻撃力300%上昇が低確率で付与されることがあるが、次のターンが来る前にやられてしまっては活躍の場も少なく、総じて高い表のできるモンスターでは無い。ペガサスと星4最下位を争うポジション。

★★★★★
グル・イフリート
グルイフリート
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年9月の「精霊龍ガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
g精霊龍

根性という新たなステータス変化を付与できるモンスター。

※根性とは、味方に対するステータス変化で、致死量以上のダメージを受けた際に、1度だけHP1で生き延びることができるスキル。

ステータスは、壁役としては物理・魔法防御共に高く合格点と言ったところ。
攻撃力は低いが、アクティブスキル攻撃で230%倍率の高いダメージを与えられる点は評価できる。

一方で、パッシブスキルは、味方全体の物理・魔法防御を12%上昇でき、壁役としては現状最高クラス。

モンスターの活用方法としては、
パッシブスキル性能からも、アリーナ第一陣で壁として使用するのも悪くないが、自身のスピードもそこそこある為、アリーナ中級レベルまでは、アリーナ第二陣でのアクティブスキル合戦で先手を取れると、根性付与による価値を発揮できるだろう。

中級~上級レベルでは、アリーナ第二陣でグル・イフリートを優先的に使用するほどの価値は無く、(もう少しスピードがあれば違った)
第一陣での壁役以外での利用場面は無い為、CT4での根性が価値を発揮することは現状少なそう。(CT3で発動できると、アリーナ第一陣での価値が出ますね。)

レベル90で、スピード240近いような個体に出会うようなことができると、価値が大きく上昇することは間違いない。

★★★★★
ギルレー
ギルレー
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

シーズン6のレアモンとして登場。
r6

名前も見た目も能力もキュベレーにそっくりの新レアモン。シーズン6レアモン最強となる。

キュベレーとの比較では、キャバレーの持つ沈黙スキルも強力であることから、どちらが上位になるかは難しいところだが、パッシブスキルがキュベレーを上回っていることから、僅差でキュベレーを上回った評価とした。

キュベレー、ルルゼンと比べ、デフォルトでレベル100まで解放されている点や、キズナレベルでさらにステータスが上昇する点を踏まえると、とても恐ろしいモンスター。


↑このページのトップヘ