タグ:闇

★★★★★
グリムヒルデグリムヒルデ

2022年6月の白雪姫ガチャにて通常ガチャモンスターとして登場。
白雪姫

CT3スキル発動ができ、スピードパッシブ持ちのレアなモンスター。

自身の耐久性が高めで、防御力上昇パッシブを持つあたりが同じ通常ガチャモンスターのシースライムとよく似ている。



ステータスは、防御力が高めではあるが、HPは平凡である為、耐久性は星5の「壁」として活躍できるレベルには満たない。スピードが遅く、攻撃力も高くない為(壁と考えたら悪くないけど)、ステータス評価はC。

アクティブスキルは敵2体に210%攻撃できるもの。自身の攻撃力は低いが倍率は210%と高めであることから、耐久性の高い敵でなければ2体抹殺も狙えなくもない。(倍率130%で3体攻撃のシースライムと比べると使い勝手はよいかもしれない。) 敵1体への中確率マヒ攻撃はおまけ程度。


適正グラフでは、CT3スキル攻撃ができることなどからアリーナ第一陣適正が高めには出ているが、よほど防御力やHP、攻撃力が高い個体でなければ、ステータスが貧弱なことで第一陣適正はそこまで高いとは言えない。

一方で、スピードパッシブ持ちではあるが、自身のスピードが遅すぎることでCT4、CT5でのスピードスキル合戦が行われるアリーナ第二陣以降の適正は低い。


ただし最近は、アリーナ第一陣を攻撃力の高いパワー系モンスターで固め、早いターンでアリーナ第二陣を迎えるようなケースも増えてきていることから、グリムヒルデをアリーナ第二陣に配置させ、早いターンで第二陣を迎えたときの返しとする編成なども面白い。

★★★★★
テレサテレサ

2022年5月のホーンテッドキャッスルガチャで限定モンスターとして登場。

gホーンテッドキャッスル


エグリプトは多くのモンスターが斜め向きデザインとなっているところ、テレサは真横を向いている。

その点が最も特徴的と言えるくらい、特徴の薄いモンスター。


パッシブスキルは味方4体に物理攻撃力を12%上昇できるもので、アリーナ第一陣向けのスキル。


アクティブスキルは、敵2体に190%攻撃と星5としては少々ものたりない。サブスキルで、味方2体へ物理攻撃耐性を中確率2ターン付与できるものがあるが、こちらもアリーナでは利用価値を作りづらいタイプのスキル。


ステータスは、星5の中では物理攻撃力がやや高めではあるが、アタッカータイプのモンスターの中では目立つものではない。魔法防御力はやや高めだが、耐久性もスピードも目立ったものではない。

言い換えればオールマイティにいろいろできるタイプではあるので、クエストでは活躍の場がありそうだが、アリーナでは積極的に取得したいモンスターとはなっていない。

特徴の弱いハーピィやメタトロン、モモタロウなどと存在がかぶる。

攻撃力の高い個体を引き当てることができれば、攻撃力上昇パッシブスキルと共に、物理攻撃力重視のアリーナ第一陣での活躍が期待できるだろう。

★★★★★
ミコクロマドー
ミコクロ

2022年5月の「世界樹の冒険コンビガチャ」にて限定モンスターとして登場。
gアストラルデュオ



2周年限定ガチャにて、ミーナ&サンダードラゴンと同時に発表されたデュオモンスター。


ミコ&クロマドーの特徴は超強力なアクティブスキル。敵5体に対して180%攻撃が行えるもので、星5としてはリヴァイアサンニーズヘッグに迫る強力な全体攻撃。


自身の攻撃力も高めで、不利属性の居ない闇属性であることから、敵のHPがフルの状態であっても、アクティブスキル攻撃1発での敵全滅も設計できる。



パッシブスキルは、味方3体の魔法攻撃力を15%上昇させられる。攻撃力を15%以上上昇できるモンスターは、ガロジンボベリアル鉄拳娘マオ虎王ドラザーンなど一部モンスターしか居ないものでレア。

パッシブスキルのバフは前列から付与される為、アリーナ第二陣以降で、アクティブスキル攻撃に期待する前列モンスターに対し15%上昇できる価値は大きい。

一方で、アリーナ第一陣で使用する場合は、前列3体だけへの15%上昇よりも、ノルンゲンゴウのような味方5体への12%上昇が好まれることは多いだろう。



攻撃力を上昇させるパッシブスキルや、高い攻撃力から、アリーナ第一陣での活躍は期待できるが、第一陣ではアクティブスキルは活かしづらい。

強烈なアクティブスキルと速めのスピードから、適正グラフではアリーナ第二陣・第三陣の適正が強く出ており、初級~中級者はアリーナ第二陣以降での活躍が期待できるが、スピード上昇パッシブスキルが無いことで、上級者になると利用しづらくなるところは悩ましい。



とは言え、CT4発動モンスターとしてはスピードはかなり速い部類である為、アリーナ第二陣に配置させ、CT3で第一陣を終えたのちのCT4スキル合戦では活躍が期待できる。また、カークのCT4スピード上昇スキルなどでミコ&クロマドーのスピードを高めた後のCT5で全体スキル攻撃を発動させるなど設計ができると面白い。

★★★★★
スサノオスサノオ2

2022年4月開始のシーズン9のレアモンとして登場。
レアモン9


今回の星5レアモン4体の中では、パワータイプのモンスター。

パワータイプでありながらも、かなり速めなスピードにも注目。また、それでいて耐久性もそれなりに高い点はさすがレアモン。


一番の個性はアクティブスキルでの敵単体に対する8回攻撃。(高確率との制限付きの為、平均的には6体程度への発動となる。)

スキル倍率は100%と高くない為、ダメージ数はそこまで期待できないが、単体への複数攻撃は、敵を倒した際には次の敵に標的が移る。例えば、キュベレーの全体攻撃で相手のHPを残り少なくさせた後の残党処理などには効果的。(一方で、守備陣形で1体だけ前列にいる相手が根性持ちだった場合は、現在の仕様では8回攻撃すべてが1体目で受け止められてしまうと考えられる。)

敵4体への沈黙、混乱攻撃にも期待したいところだが、こちらは低確率の為、敵1体に発動すればよい程度で過度の期待は禁物。


パッシブスキルは攻撃力を12%上昇させるものだが、対象が味方3体と星5レアモンとしては物足りない。


総合的に見ると、ステータスが売りのモンスターで、パッシブスキルの物足りなさも含めて前回のレアモン「アオオニ」と使い勝手は似ている。

レアモンとして無条件でレベル100まで解放され、ステータスがさらに強化されることでモンスターの価値は大きく高まるだろう。

★★★★
アメジー
アメジー

2022年4月の限定クエストで登場。
雨ジー


限定クエストでは貴重な味方4体へのスピード9%上昇を持つモンスター。

自身のスピードも星4ではトップクラスに早く、CT4でのアクティブスキルをかなり早く打つことが可能。


スピード以外のステータスはかなり乏しく、アリーナでは第2陣以降でのアクティブスキル発動のみに期待がかかるモンスターではあるが、そのアクティブスキルは、敵2体の攻撃・防御を50~60%下げるデバフ系。

相手の能力を下げるデバフ系は、何ターンもの間、戦闘が続くクエストでは有効なこともあるが、アリーナ対戦ではCT3以降のスキル合戦となった場合、ほぼ1ターンで勝敗が決まることが多い為、デバフはあまり効果的に使用できないことが多い。

それでもアメジーは速いスピードから真っ先にスキルを打てる点でデバフの効果を作りやすくなっている。


スキル自体は高確率での条件付きであることなどからもあまり強いものではないが、CT4で相手の前列にどうしても攻略したいケンシンカークなどで居るパーティと対戦するようなケースでは、前列2体の能力を弱めるアメジーの価値が生まれるだろう。


味方4体のスピード9%上昇パッシブスキルを持ち、アクティブスキルが間接攻撃である点は同じ星4モンスターのスフィンクスと似ている。

↑このページのトップヘ