タグ:魔法

★★★★★
キリン
キリン
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

シーズン7のレアモンとして、他の5モンスターから遅れて2021年の年末イベントで登場。
キリン


これまで、レアモンは3か月単位で5体入れ替えを行ってきたが、キリンは初めて、そのルーティンとは別のイベントクエストとして登場した。

比較的正統派なアタッカーであり、シーズン7レアモンの中ではビャッコに次ぐスピードで、攻撃力もしっかりあり、防御力も高く、ステータスは優秀。

アクティブスキル攻撃は140%とまずますの倍率で、敵4体と広い範囲にリーチ可能。中確率での気絶攻撃や、高確率でのやけど攻撃もありがたい。

パッシブスキルは魔法攻撃、魔法防御共に上昇させられるもの。


ここまで見てみると、魔法攻撃アタッカーとして、エメラルドの耐久性を高めた上位互換とも見える。
キリン2

スピードの速い個体であれば、アリーナ第二陣以降、攻撃や防御の優れた個体であればアリーナ第一陣と、いろいろな場面での活躍が期待できるだろう。

★★★★★
ガルーダ
ガルーダ
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2022年1月の「バードマンガチャ」で通常ガチャモンスターとして登場。
gバードマン


根性対策として用意された壁。



CT3スキル発動のできる点が特徴で、アクティブスキルの攻撃対象が3体と多い点や、敵全体にやけど攻撃ができる点などから、おそらくゲンブなどのパッシブ根性持ち対策として用意されたモンスター

相手のパーティにパッシブ根性があると、少ないHPながらいつまでも多くのモンスターが残存してしまい、相手の総攻撃力が弱まらない状況に苦しめられてしまうが、やけどのような小量でも相手にダメージ付与する機会を増やせる攻撃は対根性としてはとても効果的。これを中確率と言えども敵全体にリーチできる点はありがたい。



ただしステータス面では、スピードが遅く、壁としては耐久性も平凡で、攻撃力も高いものでない為、ステータスD評価。


パッシブスキルも、味方3体への魔法攻撃力12%上昇と、最近の星4レベル程度である為、D判定。
アクティブスキルについては、アクティブスキル倍率は110%と低く、以前であればアクティブスキル評価もD評価としていたが、昨今の根性攻略必要性から敵全体やけど攻撃を加点してC評価とした。

これらからスペック的には高いモンスターでは無いものの、パッシブ根性を持つ相手とのアリーナ第一陣では活躍してくれるだろう。



ガルーダの属性は、パッシブ根性持ちゲンブに対する有利属性の火属性でもあるが、ガルーダの攻撃力ではゲンブ自体にはダメージは与えられない点は注意。(敵パーティのパッシブ根性状態に対してCT3アクティブスキルが効果的なだけ)

★★★★★
十二神コトラ
十二神コトラ
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年12月31日~の「正月ガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
g正月ガチャ

ギルレーに代わり、星5の最強となった正月ガチャ限定モンスター


すべてにおいて文句無しのアタッカー。

・スピードはガチャモン最高クラス。
・攻撃力もキュベレーを超えるクラスで文句無し。
・アクティブスキルはルルゼン同等の敵4体への200%攻撃とAS攻撃最高峰。

ここまでだけでもレアモンアスカを超えるレベルだが、十二神コトラはパッシブスキルが最も危険

パッシブスキルにスピード上昇を持つだけでも価値があるエグリプトにおいて、12%上昇という他の多くのモンスターの壁を突破したスピード15%上昇を持つ点がまず危険
また、味方4体への15%スピード上昇に加え、味方3体の攻撃力まで12%上昇できるのは現時点ではチートレベル。

また、これまでの最高クラスアタッカーは、水属性のルルゼンや、火属性のギルレー、アスカなど不利属性のいるモンスターが大半だったが、光属性で不利属性の居ない十二神コトラはその点でも大きく評価できる

最強アタッカーのギルレーやキュベレーは攻撃に「確率」が付くことで、確実に相手を倒す計算がしづらい部分があったが、十二神コトラは攻撃力の高い個体に出会うことができれば、不利属性の無い確定200%アクティブスキル攻撃で敵4体を確殺できるだろう。


自身のすばやさ、15%上昇パッシブ持ちにより、相手に十二神コトラがいる場合、スピードで上から叩くことはかなり難しいこととなった。
その結果、早いターンで十二神コトラを叩くことができるCT4発動のモンスター(ケンシンなど)や、コトラの確殺攻撃を耐えられるパッシブ根性持ちモンスター(アビスなど)の存在価値はこれまで以上に高まると考えられる。

★★★★★
クリスマスニーズヘッグ
クリスマスニーズヘッグ
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年12月の「クリスマスガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
クリスマスガチャ


ニーズヘッグのクリスマスバージョンで、属性や物理・魔法タイプは異なるものの、上位互換と言えるモンスター。


これまでパッシブスキルが残念過ぎること以外はレアモン含めてかなり最強クラスであったニーズヘッグに、クリスマス限定で攻撃力上昇パッシブスキルが付与された

ステータス面では、アタッカーでありつつも、耐久性のある面はニーズヘッグと変わらずで、攻撃力がニーズヘッグよりも強くなっている。

クリスマスニーズヘッグ2

アクティブスキル攻撃の強さなどからもバリバリのアタッカーではあるが、HP回復スキルを持っている点も面白い。低確率であることや、回復スキル自体がエグリプトで扱いが難しいことなどから、計算してHP回復を生かすことは難しいが、うまく機能すると強力アタック+回復と夢のようなコンボが実現する。


なんと言っても、攻撃面の強力さから、パッシブスキルで強さ調整をし、ステータス上昇が付与されていなかったと思われるニーズヘッグに対し、味方4体の攻撃力12%上昇ができるスキルが加わった点の価値はとても大きい。


草属性に変わった点については、現時点では火属性を有利属性とできるニーズヘッグの水属性の方が重宝される機会は多そうだが、こちらは将来的には変わっていくだろう。


ニーズヘッグの強みは、強い攻撃をCT4で発動できる点もある為、多くのCT5である最強モンスターに先駆けて攻撃できる点の価値も大きい。最高スピードの個体に出会えれば、クリスマスニーズヘッグはA+クラスのモンスターにも匹敵するだろう。

魔法パーティを構成している人や、構成していきたい人にとっては、とてもゲットしておきたいモンスター。

★★★★★
ジャック
ジャック
※星5ガチャモンスターの平均的な評価が「C」です。

2021年12月の「クリスマスガチャ」で限定ガチャモンスターとして登場。
クリスマスガチャ


耐久力が高く、攻撃力も期待でき、CT3スキル攻撃ができる強い壁。


アクティブスキル攻撃は、スルト憤怒のジンと同様に敵2体への300%攻撃。

魔法攻撃モンスターであることから、憤怒のジンと比較されることが多いと思うが、ジャックはパッシブスキルで攻撃力と防御力の両面を上昇できる点は魅力的。

ジャック2

ステータスは、とにかくHPが高く、物理だろうが魔法だろうが、あらゆる攻撃に対する耐性が高い壁タイプ。また、憤怒のジンほどではないが、壁としては攻撃力も高め。

凍結スキルを持つあたりも、石化持ちの憤怒のジンと扱いは似てくるだろう

※凍結・石化スキルは、うまくハマれば強いスキルだが、相手を動きを固めることで味方のスキル発動が設計しづらくなる点や、アリーナでは、対戦相手からすると、他のパーティに切り替えてしまうことで逃げられる点などから、強いスキルとしては、評価が難しいところ。


憤怒のジンと比較して、水属性であることは火属性の攻撃を弱めることができる為、壁としては憤怒のジンよりも優れているが、アタッカーとしては、不利属性の居ない闇属性の憤怒のジンに軍配が上がる。

CT3アタッカーのスルトと比較すると、ステータス面でジャックが上回り、パッシブスキルでは、壁としてはスルト、アタッカーとしてはジャックが上回る。


CT3壁アタッカー勝負では、総合的には僅差でジャック>スルト>憤怒のジンとした。

↑このページのトップヘ