タグ:CT3スキル発動

★★★★
ホットドッグ
ホットドッグ

2022年4月の限定クエストで登場。
ホットドッグ


高火力なCT3モンスター。星4にしてはかなり魔法攻撃力が高め。

高確率と条件付きではあるが、敵3体に170%倍率で打てるアクティブスキル攻撃は強く、中確率ながらも味方3体に根性付与できるサブスキルもおまけとしては贅沢。


高火力でCT3スキル攻撃ができる点は星4レアモンのメガロドンに近い。

魔法攻撃力以外のステータスは平凡ではあるが、CT3発動モンスターとしてはスピードが速めで、この点でメガロドンに勝る。


パッシブスキルは味方3体への魔法攻撃力9%上昇と平凡であり、オールマイティな星4モンスターダガーと比べると全般的にやや劣るが、ホットドックはCT3で早くスキルを打てる価値がとにかく大きい

星5のCT3モンスターであるスルト憤怒のジンなどレベル90時点のスピードを比べると勝っているケースも多く、アリーナ第一陣での活躍は間違いない。


アリーナ第一陣として攻撃力を重視しつつも、少しでも早くCT3スキル発動したい点から、厳選する際は、1に攻撃力、2にスピードで、妥協せず高い数値の個体を見つけ出したい。

★★★★
ネブダネブダ02

2022年3月の限定クエストで登場。
ネブダ


耐久性は現在で星4でトップ。

そのバランスを取る為か、パッシブスキルでステータス上昇が何もないのは残念。また、壁としては有利属性を持たない光属性であることもマイナス。


耐久性の高い壁のミートスライムリザードマン風来坊はパッシブスキルによる防御力上昇が行える点で、アリーナ第一陣適正では負けるが、ネブダには自身に攻撃耐性を付与する特殊能力がある。

2ターンの間、物理攻撃も魔法攻撃も無効になるスキルで、アリーナで効果的に使いこなすのはなかなか難しそうだが、通常クエストなどでは守備陣形でネブダが先頭に立ち、WAVE2の最終ターンで耐性スキルが発動できると、WAVE3がほぼ無傷で勝利できたりする。

★★★★
ヌリカベヌリカベ02

2022年1月の限定クエストで登場。
ヌリカベ

物理防御力は星4トップクラスの壁。

物理・魔法防御力、HPまで考慮した耐久性では、リザードマンミートスライムに劣る。

最近は風来坊ネブダなども含め、星4で優秀な壁も増えている為、見た目のわりに存在感はあまり作れていない。

★★★★★
タイタンスライム

タイタンスライム02

2022年2月の「メガスライムガチャ」で通常ガチャモンスターとして登場。
g目がスライム


星5スライム3兄弟の中で、最も耐久性のある草属性の壁

アクティブスキルは、相手の防御力減少と、自身のHP回復を同時に行えるもの。

防御力減少スキルは、物理、魔法共に敵3体に70~80%減少できるもので、これまでの防御力デバフとは一線を画すレベルとなっている。

※防御力50%減少と高い比率でも、物理防御のみしか減少できなかったゲンゴウや、敵全体に物理、魔法共に減少できても、高確率、かつ比率が20%とインパクトの少ないスザクなど、これまで防御デバフであまり効果的なモンスターはいなかった。


HP回復を含め、サポートに達したアクティブスキルは面白く、CT3発動できる点はありがたいが、自身のスピードが遅いことで防御力デバフはほぼCT4繋ぎになる。

タイタンスライムよりもスピードの遅いCT3スキル発動モンスターの虎王ドラザーンメガロドンなどを見つけて組み合わせることで、タイタンスライムの防御力デバフをCT3ターン内で価値発動することができると、CT3ターンでゲンブなどを含む強いパーティを全滅させる設計も考えられるかもしれない。


高い耐久性と、サポートに徹したアクティブスキルに加え、防御面を高めるパッシブスキルがあれば、壁役としてさらに高い評価ができたが、味方2体の物理攻撃、魔法攻撃を高めるパッシブスキルは、自身の特性との相性も含めエグリプト史上最低クラスのスキルとなっている点は残念

★★★★★
シースライム

シースライム

2022年2月の「メガスライムガチャ」で通常ガチャモンスターとして登場。
g目がスライム


今回の星5スライム3兄弟の中では、パッシブスキルが優秀なスライム

味方4体に12%スピード上昇できるだけでも評価できるところ、味方4体の魔法防御も12%上昇できる点はありがたい。

その他、ステータス面やアクティブスキル面のスペックは低めだが、CT3でアクティブスキル発動できることも特徴


スピード上昇パッシブ持ちであるが、壁寄りのステータスであることなどから、シースライムはアリーナ第二陣以降ではなく、CT3攻撃できる点、パッシブで防御力上昇できる点から、アリーナ第一陣が向いているモンスター。


アクティブスキル自体は、敵3体に130%攻撃と、星5モンスターとしては弱い攻撃力だが、ティターニアモモタロウ同様に、後方の敵にダメージを与えることができることが個性。


壁としてはやや速めとなる自身のスピードから、CT3アクティブスキル攻撃で先手を取り、ゲンブ緋竜王ゼルなどの強力な壁を通り越して、後方の敵にダメージを与えることができる形を設計できるのは面白い。

しかし、130%と攻撃倍率は高くない為、シースライムの1撃で倒すことは困難であることから、ガルーダマシュのような複数体CT3スキル攻撃のできるモンスターと組み合わせてスキル発動ができると効果的。

↑このページのトップヘ