タグ:HP回復AS

★★★★★
エグリマンエグリマン

2022年7月のスーパーヒーローズガチャにて限定ガチャモンスターとして登場。
スーパーヒーローズガチャ



スペックは優等生だが、アリーナでは出番が作りづらいタイプのモンスター。
同時期のガチャで登場したラクライと同様に、器用貧乏で能力が少々ちぐはぐなところがある。


ステータスは、スピードと魔法攻撃力が高く、耐久性もまずまずというレアモンのような贅沢仕様。



アクティブスキルは、敵3体に220%と高倍率攻撃ができ、エグリマンの高い攻撃力により3体をほぼ確殺できるインパクトの大きいもの。そして、中確率との条件付きではあるが、味方3体に20%のHP回復が行えるおまけ付き。

速いスピードから放たれる強いアクティブスキルを、アリーナ第二陣以降で活用させたいところだが、エグリマンはパッシブスキルがアリーナ第二陣以降にとても向いていない

アリーナ第二陣以降は、やはりスピードを一番重視したく、スピード上昇パッシブ持ちが優遇される。次に期待したいのは攻撃力上昇パッシブだ。


エグリマンのパッシブスキルは、味方全体の物理防御力を15%上昇できるもの。アリーナ第一陣では防御力上昇の価値は作りやすいとは言えるが、第一陣ではエグリマンの強力なCT5アクティブスキルが陽の目を見る機会は少ないだろう。


自身の速いスピードと、強いアクティブスキルに期待して、アリーナ第二陣以降で起用するか、
高い攻撃力と、防御力上昇パッシブスキルに期待して、アリーナ第一陣で起用するか。
どちらもエグリマンの持つ能力を一部潰してしまう形となってしまうのが残念。


それでも魔法攻撃力の高い個体はレベル90で300を超えるものもいる為、攻撃個体を見つけられれば、アリーナ第一陣でしっかり活躍してくれるだろう。

また、贅沢なスペック持ちではあるので、星5をまだ保有していないような初級ユーザーにとってはあらゆる方面で活躍してくれるモンスター。

★★★★★
白雪姫白雪姫

2022年6月の白雪姫ガチャにて通常ガチャモンスターとして登場。
白雪姫

おしとやかな見た目とは異なるスピード系ギャンブラー。


ステータスのスピードがかなり速いタイプで、レベル90で300を超えることもある。

攻撃力はアタッカーとしては少々物足りないものではある。とはいえ、レアモンのジャンヌダルクフライラなどに似ている優秀なステータスの持ち主。



アクティブスキルは強いが、すべて確率制限付きである点がポイント
アクティブスキル攻撃は敵5体に140%倍率で打てるが高確率である為、平均的には4体程度となるだろう。凍結攻撃も高確率の条件付きだが、対象が敵5体と広い範囲である点はレアで頼もしい。味方5体を対象としているHP回復もレアだが、こちらは中確率である為、期待しすぎには禁物。

すべて確率のギャンブラータイプである為、場合によっては「なにもおこらない」ということもありうるので注意。クエストでは凍結耐性の無い相手に凍結スキルをうまく当てていけると強いだろう。


アリーナでは、スピードの速さから第二陣以降が向いてはいるが、アリーナ上位陣となるとスピードパッシブを持たないことで使いづらくなる。

魔法攻撃力・防御力を高められるパッシブスキルを持つことで、アリーナ第一陣での魔法パーティ適正は高いが、せっかくの面白いアクティブスキルが最大CT5であることから生きてこない。


それぞれの項目は高い評価となっているが、活躍できる場面が限定しづらい点などから総合評価はそれなりのものとなったが、初級~中級ユーザーにとってはアリーナからクエストまでいろいろな活躍を見せてくれるモンスターとなるだろう。

★★★★★
ダルダルマダイダルマ

2022年4月開始のシーズン9のレアモンとして登場。
レアモン9



星4レアモンとしては破格の耐久性を誇り、これまでトップであったネブダを大きく上回った。

またCT3発動が可能なアクティブスキルは、ジャバウォック等と同等スキルの99ターンダメージ反射。これにHP20%回復が加わることで、それまでHPが減少している状態であっても、ある程度HP復活させた状態から反射モードに突入できる。星4としては贅沢なスキル。

パッシブスキルは、味方4体の物理防御力を12%上昇させるだけでなく、味方3体の魔法攻撃力を9%上昇させらるもの。こちらも星4としては贅沢。

ステータス面では、攻撃力やスピードはとても低くなっているが、とくかく壁としての能力を星4として最大まで磨いたモンスター。

手持ちに星5が少ないユーザーにとっては重宝される星4モンスターとなるだろう。

★★★★
フィンチフィンチ

2022年1月の「オオトリの傭兵隊ガチャ」で限定モンスターとして登場。
gオオトリの傭兵隊

スピード上昇パッシブ持ちということで、アリーナ第二陣での活躍が期待できるモンスター。

味方5体のスピードを9%上昇させるだけでなく、魔法防御も上昇できる点は星4のパッシブスキルとしてはかなり強力。

攻撃力が低く、スピードも高くないステータスから、パッシブスキル要員となりそうだが、味方の4体のスピードを30%上昇できるアクティブスキルは、うまくパーティ設計を行えるとアリーナで大きな価値を作る。

同様にスピード上昇スキルを持つチェシャ猫は、アクティブスキルの最短CTは5となっているが、フィンチはCT4発動ができる為、CT5ターンへのトスとして価値を作れる点は加点ポイント。

★★★★★
タイタンスライム

タイタンスライム02

2022年2月の「メガスライムガチャ」で通常ガチャモンスターとして登場。
g目がスライム


星5スライム3兄弟の中で、最も耐久性のある草属性の壁

アクティブスキルは、相手の防御力減少と、自身のHP回復を同時に行えるもの。

防御力減少スキルは、物理、魔法共に敵3体に70~80%減少できるもので、これまでの防御力デバフとは一線を画すレベルとなっている。

※防御力50%減少と高い比率でも、物理防御のみしか減少できなかったゲンゴウや、敵全体に物理、魔法共に減少できても、高確率、かつ比率が20%とインパクトの少ないスザクなど、これまで防御デバフであまり効果的なモンスターはいなかった。


HP回復を含め、サポートに達したアクティブスキルは面白く、CT3発動できる点はありがたいが、自身のスピードが遅いことで防御力デバフはほぼCT4繋ぎになる。

タイタンスライムよりもスピードの遅いCT3スキル発動モンスターの虎王ドラザーンメガロドンなどを見つけて組み合わせることで、タイタンスライムの防御力デバフをCT3ターン内で価値発動することができると、CT3ターンでゲンブなどを含む強いパーティを全滅させる設計も考えられるかもしれない。


高い耐久性と、サポートに徹したアクティブスキルに加え、防御面を高めるパッシブスキルがあれば、壁役としてさらに高い評価ができたが、味方2体の物理攻撃、魔法攻撃を高めるパッシブスキルは、自身の特性との相性も含めエグリプト史上最低クラスのスキルとなっている点は残念

↑このページのトップヘ